眼科編(2)女性・高齢・近視でなりやすい緑内障とはどんな病気か

公開日: 更新日:

 前回、60歳を境に目の機能が急速に衰えるケースが少なくない、という話を紹介した。その中には目の病気を発症するケースもある。たとえば「緑内障」だ。中途失明の25%を占めるこの病気の多くはゆっくりと視野が欠けていく。

 中には急激に眼圧が上昇し、目の痛みや充血、頭痛や吐き気などの激しい症状を伴い、視力障害が急速に進む急性緑内障を発症する人もいるがそれはまれなケースだ。「自由が丘清澤眼科」の清澤源弘院長が言う。

「緑内障の有病率は40歳以上で5%程度とされ、決して珍しい病気ではありません。しかし、発症初期は気がつきにくいうえ、多くの緑内障はゆっくり病状が進むため、自覚したときには症状が進んでいるケースが多い厄介な病気です」

 気をつけたいのは、緑内障と診断されても多くの場合、すぐに失明するのではないということ。緑内障と診断されると「失明するのか」とパニックになる人がいるが、早期診断と治療で病状の進行を十分に遅らせることができる。その結果、まったく自覚症状のないまま、天寿を全うする人も少なくないという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 2

    一門親方衆が口を揃える大の里の“問題” 「まずは稽古」「そのためにも稽古」「まだまだ足りない稽古」

  3. 3

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  4. 4

    東国原英夫氏は大絶賛から手のひら返し…石丸伸二氏"バッシング"を安芸高田市長時代からの支持者はどう見る?

  5. 5

    都知事選落選の蓮舫氏を「集団いじめ」…TVメディアの執拗なバッシングはいつまで続く

  1. 6

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 7

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  3. 8

    ソフトバンク「格差トレード」断行の真意 高卒ドラ3を放出、29歳育成選手を獲ったワケ

  4. 9

    “卓球の女王”石川佳純をどう育てたのか…父親の公久さん「怒ったことは一度もありません」

  5. 10

    松本若菜「西園寺さん」既視感満載でも好評なワケ “フジ月9”目黒蓮と松村北斗《旧ジャニがパパ役》対決の行方