過敏性腸症候群でもう悩まない(4)20代女性は食生活の見直しで職場復帰できた

公開日: 更新日:

 お腹の不調に悩まされる「過敏性腸症候群(IBS)」で不登校や退職に至るケースは少なくない。薬に頼らなくても、生活習慣の改善で下痢の症状が軽減し、職場復帰したケースを紹介する。

 都内に住む20代前半の女性は、転職を機に関西の実家を離れ昨年4月に上京。慣れない土地での生活に加え、新しい職場に対する緊張や不安で、入社前から激しい腹痛と下痢の症状に悩まされていた。入社から1カ月が過ぎた頃、通勤電車で突然便意に襲われ、下車してはトイレに駆け込むようになり、3日連続で会社に遅刻。その後、「電車に乗ったら漏らしてしまうのでは」との不安から出社できなくなり、心配した上司に促され消化器内科を受診。下痢型のIBSと診断されたが、内服薬での治療は避けたいと心療内科での治療を選択した。

 女性は節約のために1日1食なうえ、ほぼ毎日インスタント食品で済ませていたことから消化が悪い状態になっていた。まずはタンパク質や食物繊維を多く含む食事を意識したメニューを1日3回から4回に分けて摂取し、一度に摂取する量を減らす「食事療法」を開始。並行して身体機能の維持や自律神経の乱れを正す軽めの有酸素運動(ウオーキング)を週に3回、1日20分続けたところ、徐々に腹痛や下痢の症状が軽減された。休職から3カ月経った8月に職場復帰に至り、同時に心療内科での治療も終了した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選2位の石丸伸二氏に熱狂する若者たちの姿。学ばないなあ、我々は…

  2. 2

    悠仁さまの筑波大付属高での成績は? 進学塾に寄せられた情報を総合すると…

  3. 3

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 4

    竹内涼真“完全復活”の裏に元カノ吉谷彩子の幸せな新婚生活…「ブラックペアン2」でも存在感

  5. 5

    竹内涼真の“元カノ”が本格復帰 2人をつなぐ大物Pの存在が

  1. 6

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7

    二宮和也&山田涼介「身長活かした演技」大好評…その一方で木村拓哉“サバ読み疑惑”再燃

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  5. 10

    岩永洋昭の「純烈」脱退は苛烈スケジュールにあり “不仲”ではないと言い切れる