習近平も熱狂 中国女子サッカー復活のカギ握る「日本人」

公開日: 更新日:

 バドミントン男子の国・地域別対抗戦は日本が決勝でマレーシアを破り、1949年から続く大会で初優勝。準決勝では6連覇を狙った中国に完勝。04年に招聘した元韓国代表監督の朴柱奉(パクジュボン)監督(92年バルセロナ五輪男子ダブルス金)の指導力が改めて評価された。

 中国は女子サッカーのアジア杯準決勝でも日本に惜敗し、対日本戦8連敗。国内では2つの競技の代表監督に対する厳しい声も上がっている一方で、「女子サッカーは日本に学べ」という意見もあるという。

■視察団が来日

 中国という国は、時にプライドを捨て、政治的に対立している国にでも頭を下げて教えを請うという懐の深さがある。08年の北京五輪でメダルを量産するため、井村雅代元日本代表コーチを呼び、シンクロ初のメダル(チーム銅)を手にしたのは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    田口麗斗の電撃トレード惜しむ声…巨人ムードメーカー失う

  3. 3

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  4. 4

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  5. 5

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  6. 6

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  7. 7

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  10. 10

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

もっと見る