• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

習近平も熱狂 中国女子サッカー復活のカギ握る「日本人」

 バドミントン男子の国・地域別対抗戦は日本が決勝でマレーシアを破り、1949年から続く大会で初優勝。準決勝では6連覇を狙った中国に完勝。04年に招聘した元韓国代表監督の朴柱奉(パクジュボン)監督(92年バルセロナ五輪男子ダブルス金)の指導力が改めて評価された。

 中国は女子サッカーのアジア杯準決勝でも日本に惜敗し、対日本戦8連敗。国内では2つの競技の代表監督に対する厳しい声も上がっている一方で、「女子サッカーは日本に学べ」という意見もあるという。

■視察団が来日

 中国という国は、時にプライドを捨て、政治的に対立している国にでも頭を下げて教えを請うという懐の深さがある。08年の北京五輪でメダルを量産するため、井村雅代元日本代表コーチを呼び、シンクロ初のメダル(チーム銅)を手にしたのは記憶に新しい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る