強化費は300万円に…ソフトボール“必死アピール”の危機感

公開日: 更新日:

 PRに必死だった。さる7日に開かれたソフトボール女子日本代表の始動会見。開始と共にお笑い芸人「ブルゾンちえみwithB」がネタで使用する曲が大音量で流れると、エース上野由岐子(34)をはじめ、バッチリメークにヘアセットをした選手たちが姿を見せた。

 長崎望未(24)は「2ストライク3ボールになったらどうする? 打つの」とネタまで披露。スポーツの会見では極めて珍しい光景に会場からは笑いが起きたが、東京五輪を見据えた広報活動は危機感の裏返しでもある。

 金メダルを獲得した08年北京五輪を最後に、五輪競技から除外されたソフトボール。強化費はジュニアや男子を含め、北京前の年間7000万円から300万円にまで削減された。昨年11月の宇津木麗華ヘッドコーチの就任会見の際も「強化費が大幅に減り、私たちが現役のときのように強化合宿を重ねて海外遠征を繰り返してチームを強くしていく手法は、現実的に取れなくなった」と嘆いていた。五輪からの除外が若手選手の育成にも支障を来している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る