強化費は300万円に…ソフトボール“必死アピール”の危機感

公開日:  更新日:

 PRに必死だった。さる7日に開かれたソフトボール女子日本代表の始動会見。開始と共にお笑い芸人「ブルゾンちえみwithB」がネタで使用する曲が大音量で流れると、エース上野由岐子(34)をはじめ、バッチリメークにヘアセットをした選手たちが姿を見せた。

 長崎望未(24)は「2ストライク3ボールになったらどうする? 打つの」とネタまで披露。スポーツの会見では極めて珍しい光景に会場からは笑いが起きたが、東京五輪を見据えた広報活動は危機感の裏返しでもある。

 金メダルを獲得した08年北京五輪を最後に、五輪競技から除外されたソフトボール。強化費はジュニアや男子を含め、北京前の年間7000万円から300万円にまで削減された。昨年11月の宇津木麗華ヘッドコーチの就任会見の際も「強化費が大幅に減り、私たちが現役のときのように強化合宿を重ねて海外遠征を繰り返してチームを強くしていく手法は、現実的に取れなくなった」と嘆いていた。五輪からの除外が若手選手の育成にも支障を来している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る