強化費は300万円に…ソフトボール“必死アピール”の危機感

公開日: 更新日:

 PRに必死だった。さる7日に開かれたソフトボール女子日本代表の始動会見。開始と共にお笑い芸人「ブルゾンちえみwithB」がネタで使用する曲が大音量で流れると、エース上野由岐子(34)をはじめ、バッチリメークにヘアセットをした選手たちが姿を見せた。

 長崎望未(24)は「2ストライク3ボールになったらどうする? 打つの」とネタまで披露。スポーツの会見では極めて珍しい光景に会場からは笑いが起きたが、東京五輪を見据えた広報活動は危機感の裏返しでもある。

 金メダルを獲得した08年北京五輪を最後に、五輪競技から除外されたソフトボール。強化費はジュニアや男子を含め、北京前の年間7000万円から300万円にまで削減された。昨年11月の宇津木麗華ヘッドコーチの就任会見の際も「強化費が大幅に減り、私たちが現役のときのように強化合宿を重ねて海外遠征を繰り返してチームを強くしていく手法は、現実的に取れなくなった」と嘆いていた。五輪からの除外が若手選手の育成にも支障を来している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る