加藤健
著者のコラム一覧
加藤健新潟アルビレックスBC 球団社長補佐

1981年3月23日、新潟県生まれ。ソフトバンク松坂と同学年の「松坂世代」のひとり。新発田農3年の春夏甲子園に主将で出場。98年ドラフト3位で巨人に入団。2008年の日本シリーズでは5試合に出場。17年目の15年にキャリアハイの35試合に出場。16年限りで引退。現在は独立リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC)の「球団社長補佐」として活動する。

独立リーグ「BC新潟」のフロントに異例の転身をした理由

公開日: 更新日:

 巨人から戦力外通告を受けた昨年、合同トライアウトを受験したものの、オファーはなく引退を決断。「故郷に恩返しがしたい」と独立リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC)の「球団社長補佐」に就任した。ネクタイを締めて駆け回ったこの1年などを振り返った。

 ――昨年、巨人から戦力外通告を受けた。

「前半戦は2試合出ただけで、そこから一軍に呼ばれなかったので、覚悟はしていました。ドラフトでジャイアンツに3位で指名されて、みんなが喜んでくれたときから、どこかで辞める日がくるとは考えていた。昨年は確率が高いと思っていたんです。球団は何らかのポストを用意してくれたみたいで、正直、うれしかったですね」

 ――それでも現役にこだわってトライアウトを受験した。

「息子のためにしがみついてでもやってやろうと。幼稚園の年長の時(2015年)キャリアハイだったんですけど息子はあまり覚えていない感じで、だからあと1年はやりたいと思ったし、まだ通用すると確認したかった。トライアウトの舞台は甲子園。緊張しましたね。巨人のトレーナーの方に『手首にテーピング巻くだろ? ホットクリームも持っていけ』って持たせてもらったり。最後までありがたかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  9. 9

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る