加藤健
著者のコラム一覧
加藤健新潟アルビレックスBC 球団社長補佐

1981年3月23日、新潟県生まれ。ソフトバンク松坂と同学年の「松坂世代」のひとり。新発田農3年の春夏甲子園に主将で出場。98年ドラフト3位で巨人に入団。2008年の日本シリーズでは5試合に出場。17年目の15年にキャリアハイの35試合に出場。16年限りで引退。現在は独立リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC)の「球団社長補佐」として活動する。

独立リーグ「BC新潟」のフロントに異例の転身をした理由

公開日: 更新日:

 巨人から戦力外通告を受けた昨年、合同トライアウトを受験したものの、オファーはなく引退を決断。「故郷に恩返しがしたい」と独立リーグの新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC)の「球団社長補佐」に就任した。ネクタイを締めて駆け回ったこの1年などを振り返った。

 ――昨年、巨人から戦力外通告を受けた。

「前半戦は2試合出ただけで、そこから一軍に呼ばれなかったので、覚悟はしていました。ドラフトでジャイアンツに3位で指名されて、みんなが喜んでくれたときから、どこかで辞める日がくるとは考えていた。昨年は確率が高いと思っていたんです。球団は何らかのポストを用意してくれたみたいで、正直、うれしかったですね」

 ――それでも現役にこだわってトライアウトを受験した。

「息子のためにしがみついてでもやってやろうと。幼稚園の年長の時(2015年)キャリアハイだったんですけど息子はあまり覚えていない感じで、だからあと1年はやりたいと思ったし、まだ通用すると確認したかった。トライアウトの舞台は甲子園。緊張しましたね。巨人のトレーナーの方に『手首にテーピング巻くだろ? ホットクリームも持っていけ』って持たせてもらったり。最後までありがたかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

  10. 10

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

もっと見る