エネルギー・デモクラシーの極意書

公開日:  更新日:

「市民政治の育てかた」佐々木寛著/大月書店 1600円+税

 今週末22日は、衆議院選挙の投開票を迎える。注目選挙区のひとつは新潟だ。とはいえ、原発再稼働に抵抗しながら再稼働推進の自民党から出馬した泉田裕彦前知事の動向といった下世話な話ではなく、今後の大転換の予兆を占う選挙区だからだ。

 新潟といえば、田中角栄を生んだ保守王国である。田中がつくった電源三法で日本中に原発が54基も建設され、新潟には世界最大の柏崎刈羽原発が立つ。他方、日本初の住民投票で巻原発建設計画を撤回に追い込み、プルサーマルも刈羽村の住民投票で取りやめさせた。

 そして今、福島第1原発事故を引き起こした東京電力の「生命線」が柏崎刈羽原発であり、その再稼働の是非は選挙のたびに最大の争点となる。

 その新潟で、2016年に参議院選挙、知事選挙と、2度も「市民政治」が勝利した。本書はその市民政治の生きた記録である。

 古典的なアカデミズムでは「学問」と「政治」の両方に関わることは禁じ手だったが、著者は政治学者でありながら市民連合の代表として選挙の当事者も務めた。両方に関わることで「間違いなく広くものを見ることができる」と断言する。その意味で本書は、市民政治の極意書ともいえる。

 今回の衆議院選挙でも、臨時国会冒頭での解散とその後の希望の党誕生、民進党の事実上の解党など野党が混乱する中で、新潟はいち早く野党・市民連合の統一候補でまとめることに成功している。

 著者は、新潟市民が生み出したご当地電力のリーダーでもある。エネルギーや巨大技術と政治を専門に研究していた著者は、デンマークの例にも触れながら、地域分散型エネルギーが社会全体を民主化するダイナミズムを生み出す可能性を強調する。

 古今東西、「歴史は周縁から変わる」という。原発に翻弄されてきた新潟から、エネルギー転換と政治の転換、「エネルギー・デモクラシー」が始まるかもしれない。

 大月書店webで全体のおよそ半分を無料で先行公開中。単行本発売は11月1日。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  7. 7

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  8. 8

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  9. 9

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  10. 10

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

もっと見る