道尾秀介(作家)

公開日: 更新日:

3月×日 3月の1ヶ月間、毎週月曜日の夜にニッポン放送で「道尾秀介の1UP(わんなっぷ)ライフ」というラジオ番組をやらせてもらっている。ゲスト回では漫画家でアニメーション作家の藍にいなさんを招いて、いろいろお話しした。

 にいなさんは、YOASOBIが歌っている「夜に駆ける」のミュージックビデオをつくったり、僕の「HIDE AND SECRET」という曲のビデオもつくってくれた人。米津玄師さんや是枝裕和監督ともコラボしたり、いまちょうど上野駅の中央改札あたりに春をモチーフにした巨大な垂れ幕が掛かっているが、その絵を描いたのも彼女だ。なんとまだ24歳。僕よりも20歳ほど下だが、どでかい仕事をどんどんこなしているし、話す言葉も知性と熱意にあふれているし、若い才能に驚かされるばかり。

 ちょうどその収録と前後して読んだのが上田晋也さんの初エッセー集「経験 この10年くらいのこと」(ポプラ社 1400円+税)。上田さんはこれに取りかかるまで10年間くらい文章というものを書いていなかったらしいが、どうしてどうして、非常に上手い。読んでいるのではなく聴いているような気にさせてくれる。

 こうした文章、喋りが上手だからといって書けるものではなく、じつは無茶苦茶に難しい。聴いているような気分にさせるとはいえ、やっぱり読んでいるので、もし同じ情報量だとしたらコスパが悪い。聴くより読むほうが、時間と労力をずっと必要とするからだ。つまり「読んでいるのではなく聴いているような気にさせるけれど、聴いているよりも得るものが多い」文章である必要がある。僕ら作家でもなかなかできるもんじゃない。しかも人生経験が豊富な人なので、そこで語られるエピソードの数々は面白いものばかり。上田晋也さんはたしか僕よりも5歳ほど年上だから、50歳。

 下にも上にも圧倒させられている場合じゃない。負けちゃいられねえ、と心から思った3月だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  7. 7

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

  10. 10

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

もっと見る

人気キーワード