小野寺誠
著者のコラム一覧
小野寺誠プロゴルファー

1970年、東京都生まれ。6歳よりゴルフを始め、小学6年の時に青木功がハワイアンオープンで優勝したシーンをテレビで見て、プロになることを決意。中学,高校は、ゴルフの名門校である日大付属のゴルフ部で活躍。ジュニアトーナメントでも成績を残す。16歳でアメリカ留学を決意。アメリカで現在カリスマコーチである江連忠プロと出会い、共に試合に転戦しながらゴルフの最新理論を学ぶ。帰国後、1996年プロテストに合格。多数の試合に出場した経験を生かし独立。現在はアマチュアを主に男女を問わず指導する。

プロが直伝 悩み深きスライサーはドローとフェード習得を

公開日: 更新日:

 真っすぐ飛んで落ち際で左に曲がる「ドローボール」、真っすぐ飛んで落ち際で右に曲がる「フェードボール」。

 プロや上級者の持ち球のようであり、アマチュアには無縁と感じるかもしれません。しかし、スライスに悩んでいるゴルファーがドローやフェードの打ち方を覚えるとミスが激減します。

 インパクトのメカニズム、フェース面の軌道を理解するだけで、持ち球は力強くなり精度もアップ。もちろん曲がりを抑えることで飛距離アップにもつながる。ぜひ練習場でトライしてください。

■ドローボールの打ち方

 アドレスからハーフウエーバックまでは体と腕の一体感をもってバックスイングします。目安は、腰の高さに手、クラブがきた時にあごの下に左肩が入った状態がベストです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  8. 8

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る