著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

「和製ハキミ」毎熊晟矢は無印・大卒選手の先輩である伊東純也のようにブレークして欲しい

公開日: 更新日:

毎熊晟矢(セレッソ大阪/DF/25歳)

 9月の日本代表・欧州遠征メンバーにサプライズ選出され、ベルギーで開催されたトルコ戦で先発したのが、中村敬斗(スタッド・ランス)の3点目をアシストした新鋭右サイドバック(SB)の毎熊晟矢だ。

 前半終了間際の1失点に絡むというホロ苦い部分もあったが、森保一監督から高く評価され、10月の代表2連戦(13日のカナダ=新潟、17日のチュニジア=神戸)にも引き続いて招集された。

「まず一歩を踏み出せたのが個人的に大きい」と自信を見せる遅咲き右SBへの期待は高まる一方だ。

 毎熊は1997年、長崎生まれ。東福岡高時代の2015年には高校総体と高校選手権の2冠を達成。その後、桃山学院大学に進み、2020年に地元のJ2・長崎へ。その時点まではFWとしてプロキャリアを積み重ねるつもりだった。

 ところが、同年のプレシーズンの合宿でチームを率いていた手倉森誠監督(現チョンブリー)から突如として「右SBをやってみろ」と告げられ、本人は戸惑いを隠せなかったという。

「正直、嫌でしたね(苦笑)。でも吉田コーチ(孝行=現神戸監督)が『このポジションでやれば代表まで行ける可能性がある』と言ってくれて、納得してトライできるようになりました」と本人はコンバート当初の出来事を明かす。

 そこから長崎で右SBの経験を重ね、2022年にはJ1・セレッソ大阪に引き抜かれる。

 この時点では松田陸(甲府)という絶対的右SBがいたため、毎熊は右MFでの起用が中心だった。が、小菊昭雄監督から「お前は近い将来、右SBで代表になれると思うから本気で目指せ。自分が信じなければ辿り着けない」と叱咤激励され、「いつかチャンスが来る」と信じて努力を続けていたという。

 それが結実したのが今季。5月中旬以降は完全に右SBに定着。MFジョルディ・クルークスとのタテ関係が迫力を増し、小菊監督から「和製ハキミ(PSG)」と評されるようにもなった。

「僕が相手2人を剥がした場面がミーティングで出てきた時、いじられ気味にそう言われましたけど、小菊監督は冗談だけではそういうことを言わない人。だから素直に嬉しく感じました」と彼は日に日に自信を増していった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…