「ジュラシック・ワールド 炎の王国」坂野徳隆著

公開日: 更新日:

 シリーズ最多の恐竜が登場する、今夏公開の話題映画のノベライズ。

 中米コスタリカの沖合193キロの島イズラ・ヌブラルは、かつて島全体が生きた恐竜と触れ合うことが出来る「ジュラシック・ワールド」だった。しかし、飼育されていた恐竜が観光客や園の関係者を襲う事件が起きて閉園。恐竜たちを残したまま島も封鎖されていた。

 閉園から3年後、島の火山が活発化。議会は島の恐竜を見殺しにすることを決定した。そんな中、園の元マネジャーで、今は恐竜の保護活動をするクレアは、大富豪のロックウッドが運営する財団から恐竜の救出を依頼され、仲間たちと島に向かう。やがて、財団には恐竜救出とは別の思惑があることが分かる。

 (小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋下徹氏が安倍前首相にフジ番組で“辞職勧告”の衝撃!

  2. 2

    日ハム西川に逆転巨人入りの目 メジャーに意欲も障壁数々

  3. 3

    「桜疑惑」と検察リーク…ホテル側は口封じされていた

  4. 4

    松坂大輔と斎藤佑樹が一軍登板ゼロでもクビにならない事情

  5. 5

    小池都知事「GoTo」除外に白旗準備…高まる批判に方針転換

  6. 6

    G菅野「急転残留」の現実味…コロナ、日本S惨敗が不安の種

  7. 7

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  8. 8

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  9. 9

    新型コロナ“入院難民” 6都道府県で1万4000人の衝撃予測

  10. 10

    小金沢昇司に数々の“酒武勇伝”…北島三郎も激怒していた

もっと見る

人気キーワード