「ジュラシック・ワールド 炎の王国」坂野徳隆著

公開日:

 シリーズ最多の恐竜が登場する、今夏公開の話題映画のノベライズ。

 中米コスタリカの沖合193キロの島イズラ・ヌブラルは、かつて島全体が生きた恐竜と触れ合うことが出来る「ジュラシック・ワールド」だった。しかし、飼育されていた恐竜が観光客や園の関係者を襲う事件が起きて閉園。恐竜たちを残したまま島も封鎖されていた。

 閉園から3年後、島の火山が活発化。議会は島の恐竜を見殺しにすることを決定した。そんな中、園の元マネジャーで、今は恐竜の保護活動をするクレアは、大富豪のロックウッドが運営する財団から恐竜の救出を依頼され、仲間たちと島に向かう。やがて、財団には恐竜救出とは別の思惑があることが分かる。

 (小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  4. 4

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  5. 5

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  6. 6

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  7. 7

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  8. 8

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  9. 9

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  10. 10

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

もっと見る