「ジュラシック・ワールド 炎の王国」坂野徳隆著

公開日: 更新日:

 シリーズ最多の恐竜が登場する、今夏公開の話題映画のノベライズ。

 中米コスタリカの沖合193キロの島イズラ・ヌブラルは、かつて島全体が生きた恐竜と触れ合うことが出来る「ジュラシック・ワールド」だった。しかし、飼育されていた恐竜が観光客や園の関係者を襲う事件が起きて閉園。恐竜たちを残したまま島も封鎖されていた。

 閉園から3年後、島の火山が活発化。議会は島の恐竜を見殺しにすることを決定した。そんな中、園の元マネジャーで、今は恐竜の保護活動をするクレアは、大富豪のロックウッドが運営する財団から恐竜の救出を依頼され、仲間たちと島に向かう。やがて、財団には恐竜救出とは別の思惑があることが分かる。

 (小学館 650円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  6. 6

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  7. 7

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  8. 8

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  9. 9

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  10. 10

    巨人もベタ降り? 大船渡・佐々木に日本ハム単独指名の目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る