「フルサトをつくる」伊藤洋志+pha著

公開日: 更新日:

 都会か田舎かという二者択一を超え、都会に住みながら田舎にもう一つの拠点「フルサト」をつくるという暮らし方の提案書。故郷は自分では選べないが、新しくつくるフルサトは自分で好きな場所を選べるのが最大の利点。

 著者の2人は、友人らと借りた和歌山県の熊野の一軒家を改修してシェアハウスとして利用している。実は、地方では多くの空き家があっても、貸し出されていないのが現実。その原因を分析しながら、場所の探し方や家の借り方、そして家のつくり方などを具体的にアドバイス。フルサトをつくるとは、災害時などに協力できる人がいる遠くの場所を持つことでもあるという。そうした「つながり」や現地での「仕事」のつくり方まで。新しい田舎暮らしのススメ。

 (筑摩書房 740円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る