AIを活用した「人工膵臓」の開発 チューブ不要のパッチ式

公開日: 更新日:

 1型糖尿病患者では、一日に何度もインスリン注射が必要になる。そのインスリン注射を自分で打たなくて済むシステムが「人工膵臓(すいぞう)」。正式には「インスリン自動投与制御システム(AIDシステム)」という。欧米ではすでに臨床使用されており、日本では医療機器メーカー「テルモ」(東京都渋谷区)が開発を進めている。

 テルモが実用化を目指す人工膵臓の仕組みは、どんなイメージになるのか。同社のホスピタルカンパニーDM・ヘルスケアグループ長の木川善也氏が言う。

「腹部に貼る『持続血糖測定器』と『パッチ式インスリンポンプ』、そしてAI(人工知能)によるインスリン投与制御アルゴリズムを搭載した『スマホ型端末』で構成されます。持続血糖測定器が間質液中のグルコース濃度を5分間隔で連続的に測定し、そのデータがスマホ型端末に送られ、管理する食事運動の情報と合わせて、AIが最適なインスリン量を算出します。その結果をインスリンポンプが受信し、本物の膵臓のように微調整されたインスリンが持続的に自動投与されるのです」

 食事や運動をするときだけは血糖値の振れ幅が広くなるので、食前に食事量のデータを、運動の際にはそのデータをスマホ型端末に打ち込む必要があるものの、それ以外は患者が細かい設定を行う必要がなくなるという。インスリンポンプは機械の部分が脱着式で、入浴時には機械だけ外し、3日に1回交換する。持続血糖測定器は装着したまま入浴でき、10日に1回交換する。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  2. 2

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  3. 3

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  4. 4

    日本ハム清宮幸太郎またまた開幕前に故障のナゼ…貪欲さは向上も決定的に「足りない」もの

  5. 5

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6

    メッキ剥がれた石丸旋風…「女こども」発言に批判殺到!選挙中に実像を封印した大手メディアの罪

  2. 7

    日本ハム清宮幸太郎と野村佑希は「トレード移籍」へ正念場…現場の指導力や起用方針にも問題か

  3. 8

    イメージ悪化を招いた“強奪補強”…「悪い町田をやっつける」構図に敵将が公然批判でトドメ

  4. 9

    「あの無口な少年が…」佐野海舟の下半身醜聞に母校関係者は絶句、その意外すぎる評判

  5. 10

    水川あさみ「笑うマトリョーシカ」で注目のイケオジ俳優とは “嫌な男”役から《カッコいい》へ評価一変