楽天・嶋獲りも急浮上 なりふり構わぬ巨人の「大補強リスト」

公開日: 更新日:

 巨人は、リーグ優勝した07年のCSで今回と同じように落合中日に1勝もできず、3連敗で敗退した。その年のオフにはヤクルトからエースのグライシンガー、4番のラミレス、横浜からストッパーのクルーンを獲得。恥も外聞もなく、同一リーグ下位球団からごっそりと主力選手を引き抜いた。間違いなくそれが再現される、と選手はみているのだ。

■他球団の助っ人にも食指

 FA補強の大本命はオリックスの金子千尋(30)。言わずと知れた球界ナンバーワン投手に巨人は、5月31日の交流戦で九回まで無安打無得点の“ノーヒットノーラン”に抑えられた。オリックスの守護神・平野佳寿(30)もターゲット。今季は救援陣が防御率4.01と苦しんだ。勝利の方程式が精彩を欠き、CSファイナルステージ第3戦は頼みの山口が打たれて敗戦投手。投手陣整備のため、猛アタックを開始するのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    古谷経衡さんが憂う有権者の劣化 日本の知性の底が抜けた

  2. 2

    故・田宮二郎氏長男 柴田光太郎さん「心臓手術で命を…」

  3. 3

    横浜の誘致表明で…米カジノ最大手が大阪から撤退の衝撃

  4. 4

    視聴率低迷のNHK大河「いだてん」には致命的な見落としが

  5. 5

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  6. 6

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  7. 7

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  8. 8

    「特撰すきやき重」完売 吉野家の株主還元は年8000円相当

  9. 9

    水野美紀は新悪女王「奪い愛、夏」で見せる菜々緒との違い

  10. 10

    有権者が賢くないと政治が乱れる見本

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る